Healthier & Happier

最新の医療機器を使用した!歯の根を残す治療法

歯の根を残す治療のメリット

虫歯の治療でも抜歯を行わずに歯の根を残すことができれば、天然歯が土台となるので歯を長い間維持することができるんですよ。そのため、歯の治療を受ける際には、歯の根を残す治方針を採用している歯科医院を選ぶ事がポイントです。虫歯になっても歯の根を残す方法としては最新の顕微鏡を用いた治療法があり、肉眼では確認できない歯の表目の劣化や内部の神経などにも注意を払いながら虫歯治療を正確に施してもらう事が出来るんですよ。

歯の神経や血管の位置を確認する顕微鏡

虫歯が進行した状態でも歯の根を残したい場合、非常に高度な技術が要求されるんですよね。これは肉眼では把握する事が困難な神経や歯の損傷した状態にも注意して治療を進めていく事が必要になるためで、特殊な顕微鏡を使用しての治療が必要になるんですよ。そのため、虫画が進んでいる状態で歯の根を残す際には、ドクターの高い技術力に加え、最新の医療機器を完備した歯科医院を選ぶ事も大切で、歯医者さんの技量と共に重要なポイントとなります。

質の高い歯の根を残す治療

虫歯が進行した状態で歯根を保存する治療を実践するためには、血管の位置や神経の状態を顕微鏡で拡大して観察しながら綿密に治療を実行していく事が大切です。この虫歯治療は歯の根の清掃作業を行ったり、根の長さなどにも注意して治療を施す事がポイントとなるんですよね。そのため、通常の虫歯治療よりも高い技術力が要求され、段階的に治療を進めていくので治療にかかる時間も長くなります。このマイクロスコープを使用した精度の高い治療方法は、将来的に歯の根を保存しておく為には最も有効な治療法の一つなんですよ。

歯科治療の一種である根管治療は高度な技術力が必要な他、全ての処置が終わるまで時間がかかりやすい傾向があります。処置に関するトラブルを避けるためには必ず医師の指示に従い、清潔な状態に保つ必要があります。