Healthier & Happier

体調不良だと思ったら!?早めに内科に行こう!

早めに対処する事が大切

病気になってしまったり、体調が悪いと感じている場合に、大した事無いから病院に行く必要は無いだろうと思ってしまう人は多いですよね。しかし、病院に行かない事により症状が悪化してしまったり、場合によっては重大な病気を見逃してしまうという危険性もあるんですよ。例えば、ウイルス性の病気に感染していることに気がつかずに職場に出勤してしまった場合、会社の人に自分の病気が感染してしまう可能性もありますので、注意が必要ですよね。

喉の状態を見てもらおう

内科での診察では、喉の状態を見てもらう事が多いですよね。これは、風邪などの症状によりどれだけ喉が荒れているかを確認しているんですよ。喉の状態をしっかりと確認することによって、現在かかっている症状が何であるかを大体把握する事ができるでしょう。例えば、喉には全く問題が無いにもかかわらず、咳が止まらないといった症状の場合には、肺のレントゲンを取る事によって異常を発見する事が出来る場合も非常に多いんですよ。

心臓の状態を見てもらおう

内科に通った場合、心臓の音をお医者さんは聞きますよね。これは、今起きている症状が心臓が原因の症状でないかを確かめているんですよ。心臓が原因で体調が悪くなってしまった場合には、職場で急に倒れてしまうなどのリスクも考えられるでしょう。そのため、風邪だと思い込んでいても、実際には心臓の病気であったという事も決して珍しい事では無いんですよ。命にかかわる病気を防ぐためにも、体調不良を感じたらすぐに内科の診察を受けると良いでしょう。

具合が悪くなったら、三鷹の内科に相談しましょう。数多くの内科が存在しているために、所在地や診察時間を考慮しながら選べます。