Healthier & Happier

夏でも冬でも気になる臭い!わきがの悩み解決

臭いの元は早めにふき取る

満員電車の中や会社や学校の中、ふとしたときに臭ってくるわきがの臭い気になりますよね。自分の臭いは気づきにくいので、もしかしたら私も臭っているかも?と心配してしまいます。他の人に対するマナーとしても、できれば予防措置はとっておきたいものですよね。一番簡単な方法はやはりわきの下を常に清潔にすることです。汗をかいたらすぐにふき取る、殺菌性の高いスプレーや専用のクリームなども常に携帯しておきましょう。臭いがでてからでは遅いので、早めの対応がお勧めです。

寒い冬もあなどれません

わきがは薄着をしている夏のものというイメージがありますよね。肌の露出も多いですし、わきの下が見えそうな半そでやノースリーブの服を着ているので、一旦臭いがでてしまうとすぐに拡散されてしまいそうです。しかしながら、あなどれないのが冬のわきが対策です。冬は厚着をしているために風通しが悪くなり、電車や会社の暖房で急に温まって汗をかいてしまいます。そのままにしておくと臭いがでてしまいますので、夏と同じように対策をしなければいけないですよ。

食べ物にも気をつけるといいかもしれません

わきがと食べ物の関係は知っていますか。臭いがきつくなりやすい食べ物があります。一般的に動物性脂肪の多いものは臭いがきつくなりやすいですよ。肉が好きな人は毎日食べるより少し期間をあけたほうがいいかもしれませんね。また、香辛料なども要注意です。反対に、臭いが抑えられる可能性のある食べ物は植物性たんぱく質が含まれている大豆などの食品などです。体の外側からの対策だけでなく、内側からも働きかけるようにするとさらに予防になりますよ。

わきが」の主な原因は、アポクリン腺から出る汗です。そこに含まれるタンパク質やアンモニアなどの成分が原因で、独特の臭いが発生します。この臭いを防ぐのに有効なのが、昔から使われている「ミョウバン」です。