Healthier & Happier

目立たない矯正治療がしたい!最新のブラケット大紹介

金属製のブラケットは目立ってしまう

歯並びが気になって、いつかは矯正治療を受けてみたいと、密かに思っている人も多いのではないでしょうか?ところが、矯正治療のネックとなっているのが、矯正期間中はずっとつけていないといけない金属製のブラケットです。「あれだけはイヤだ」という人が多いんだそうです。金属製のブラケットは、費用が安く、いろいろな矯正に使いやすいというメリットはあるのですが、どうしても受け入れることができない人もいるんですよね。金属製のブラケット以外に、目立ちにくさを追求したブラケットもたくさんあるので、いくつかピックアップしてみましょう。

審美ブラケットの登場で矯正治療に革命

審美ブラケットというのは、セラミック製などの素材で作られていて、ブラケットの色を白くしたり、半透明状にしたりすることができるので、非常に目立ちにくいとされています。装着していても、じっくりと口を注視しないかぎり、気付かない人も多いのが嬉しいですよね。審美ブラケットは、ちょっとだけ費用が高くなってしまいますが、それだけの価値があるんですね。金属アレルギーの人でも、セラミック製だと安心して使うことができるのも魅力です。

リンガルブラケットは構造的に目立たない

メタルブラケットや審美ブラケットの名前は耳にしたことがあるけれど、リンガルブラケットという言葉は初めて耳にするという人も多いようです。リンガルブラケットというのは、日本語では舌側矯正装置または裏側矯正装置と呼ばれています。簡単に言うと、歯の裏側、つまり舌の方へ装着する矯正装置のことなんです。歯の裏側につけるので、外からはほとんど見えないのがメリットとなっています。慣れるまでは、舌に矯正器具があたるので、多少違和感を感じることもあるそうですが、すぐに慣れて気にならなくなるといいます。これなら、他人の目を気にせず矯正ができそうですよね。

インプラントに使用する歯にはいろいろな素材がありますが、オールセラミックのものは透き通った白さがあり大変審美性が高いです。