Healthier & Happier

ヒアルロン酸のと効果的取り入れ方と副作用

化粧水や美容液に含まれているものからの効果

手っ取り早く簡単にヒアルロン酸を取り入れる方法は化粧品で直接お肌に取り入れる方法です。保水成分によりちりめんジワ改善効果が見られます。ヒアルロン酸入りの水分を閉じ込める効果のローションをつけた後、美容液やセラム、クリームなどでフタをすると更に効果的です。カサカサ肌や小ジワでお悩みの方には悩み解消に一役買って出てくれる成分です。シートマスクなどで肌にダイレクトに取り入れるのも効果がわかりやすいです。

注射でお肌に関節強化に効果を発揮

目の周りのシワや涙袋にヒアルロン注射してお肌のシワ乾燥を改善させる効果があります。その前はコラーゲンが使用されていました。コラーゲンはタンパク質が元で出来ています。ヒアルロン酸はタンパク質より出来ていませんが、ヒアルロン酸の質の良くないものが使われた場合、アレルギー症状が現れたりする副作用が出る事もあります。注射直後に数日不自然に膨らむ事があり、1週間程で自然になり、効果は半年か1年ほど効果が持続します。

タブレット等で口から体内へ取り入れる方法

ヒアルロン酸を錠剤などで、美肌や関節痛を緩和したりの効果を謳って売り出されています。飲むタイプのドリンクもあります。効果があると思ってせっせと撮っている人もいる様です。しかし、実際には効果ははっきりと検証されている訳では無いという説が濃厚です。国立健康栄養研究所ははっきりとした効果は認められていないとの見解です。天然のヒアルロン酸のふかひれや鶏肉、鳥皮、魚の目などから食べて撮る方が長い効果ではありませんが、安全で効果的ではと思います。

ヒアルロン酸は皮膚の中に存在して、老化とともに減少する傾向にあります。この物質が減少する事により顔などに小じわができるようになります。小じわを矯正するにはこの物質を注入する方法が取られています。